ホーム > よくある質問

よくある質問

診断について

費用はかかりますか?

一切かかりません。どなたでも無料で診断いただくことができます。

どのような問題が出題されますか?

使用状況、モラル、セキュリティ、法の4ジャンルより出題されます。

合格点は何点ですか?

80点以上(100点満点)で合格となります。

再診断は可能ですか?

はい。何度でも診断いただくことが可能です。ストックされた問題からランダムで出題されるため、複数回受診してもまったく同じ問題が出題されることはありません。

診断結果にはどのような項目がありますか?

診断結果ページでは合否、得点、解答一覧、問題の解説を確認することができます。

診断結果において個人を特定することは可能ですか?

診断結果には、個人名の表示はありませんが、「児童・生徒ID」「学年」「クラス」「出席番号」は表示されるため、個人を特定することは可能です。
(特定するための登録は先生ご自身で行っていただきます。事務局側は児童生徒の個人情報は一切取得いたしません)

卒業した生徒、クラスのデータを削除できますか。

削除できない仕様のため、架空のクラスへの振替をお願いいたします。
 (例)6年1組の卒業生のデータ
「クラス情報の管理」を開き、「6年1組」の「編集」をクリック。
学年を「中1」、クラス名を「2017年度卒業生」等に変更。
これにより、旧6年1組所属の児童の診断データは「2017年度卒業生」に振り替えられます。
※注意※
この振替作業は、新年度のクラス登録前に完了させてください。

実際に出題される問題の内容を知りたいのですが。

問題の提供はできかねますが、ご家庭向けサービスの「ジュニアスマホ検定」の上級編にて、同じ問題を受検していただくことが可能です。そちらをご参照ください。

教職員が児童・生徒専用ページの操作を試したいのですが。

「教師デモ用」などの名称でアカウントを作成していただくことで、操作可能です。

「クラス情報の登録」>「教師デモ用」などの名称でクラスを1つ作成 「児童・生徒管理」メニュー>クラスをプルダウンで選択>「児童・生徒のアカウントを発行する」より受講くださる先生方の人数分のIDを登録・発行 ※注意※
クラス登録の際、「学年」を存在しない学年(小4~6もしくは中1~3)に設定していただくことで、 後々、『全国対比』での診断結果を一覧表示する際に、先生方のデモデータを反映させないことが可能です。

集計結果のデータを出力は可能ですか。

診断後の結果は、印刷はできますが、データとしては出力できない仕様となっております。

児童・生徒の個人情報の取り扱いはどのようになっていますか。

生徒用ID発行の際には、「学年」「クラス」「出席番号」「性別」の4点の情報を入力していただきます。ただし、こちらは運用の際に必要と思われる項目であり、システム上は必須項目ではありません。事務局側では児童生徒の個人情報は一切取得いたしません。

診断結果のグラフ表示ができません

無線LAN接続の携帯端末などフィルタリングがかかっている場合、お使いの環境によっては閲覧できない場合があります。教職員様が使用されるPCでは閲覧可能です。

診断中に『児童・生徒専用ページ』のログイン画面に戻ってしまう

児童・生徒様が使用している端末や学校様のプロバイダ、無線LANの問題等によりこのような現象が発生する場合がございます。
再度、ログインいただくことにより、直前の診断画面に戻り、続きを受検いただくことができます。

申込について

診断のための申込はどうしたらいいですか?

こちらのフォームよりお申込みください。事務局より郵送する書類に診断に必要な手順が記されています。

当サイトについて

パスワードを忘れてしまいました

パスワードを忘れた方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
https://www.netmoral.net/contact
営業時間 9:00〜16:00(平日) 夏季・年末年始休暇除く。
情報モラル診断サービス事務局(株式会社サンロフト内)
※お問い合わせには2営業日以内の回答を原則としております。
万一、回答がない場合は、恐れ入りますが、あらためてお問い合わせをくださいますよう、お願い申し上げます。

推奨環境について

<ブラウザの種類>
当サイトは下記のブラウザでご利用いただけます。
・Microsoft Internet Explorer
・Google Chrome
・その他、標準準拠なブラウザ

<プラグイン・アプリケーション>
当サイトをご利用いただくためには下記のプラグイン・アプリケーションが必要です。
・Adobe Reader

<その他の設定>
当サイトを快適にご利用いただくためには、Cookie、JavaScript、CSSを有効にしてください。

ページトップに戻る