ホーム > 研究室紹介

研究室紹介

静岡大学 教育学部 学校教育講座 准教授

塩田 真吾

静岡大学 教育学部
学校教育講座 准教授
塩田真吾

現在,子どもたちのネットでのトラブルは,学級経営を考える上で大きなファクターとなっています。いったいクラスの子どもたちはどんな機器を使い,どのくらいの時間ネットを使用し,どんなトラブルにあっているのか,いまやこうした情報の把握は学級経営に欠かせません。しかし,こうした情報を集めるのは,「手間がかかり面倒」というのが正直なところではないでしょうか。

そこで,そんな先生方のお役に立ちたいと考えたのが,「情報モラル診断サービス」です。この診断サービスでは,すぐに子どもたちのネットの使用状況や情報モラルの力を可視化でき,使用状況を他学年や全国の学校と比較することができます。

本診断サービスは,内閣府が実施する「青少年のインターネット利用環境実態調査」,そして文部科学省等が示す「情報モラルで身につけるべき5つの柱」(情報社会の倫理,法の理解と遵守,安全への知恵,情報セキュリティ,公共的なネットワーク社会の構築)に沿った内容になっております。学級経営や情報モラル教育を行う最初のステップとして,また,情報モラルの力がついかたどうかを判断する一つの基準として,本診断サービスをご使用いただければ幸いです。

プロフィール

塩田真吾(しおた しんご)
1981年生まれ
静岡大学 教育学部 学校教育講座 准教授
早稲田大学大学院博士課程修了、博士(学術)。
専門は、教育工学、情報教育、授業デザイン。
「社会とつながる授業」をテーマに、様々な企業と連携しながら「授業デザイン」について工学的に研究している。
静岡県ネット安全・安心協議会 委員長、NPO法人企業教育研究会副理事長。

ページトップに戻る