ホーム > 診断について

診断について

診断について

診断について

近年、情報モラルに乏しい学生がSNS等のサービスの誤った利用によって、大人の予想を越えたトラブルに巻き込まれる事件が増えており、 デジタルネイティブと呼ばれる子どもたちには、正しいセキュリティ知識の教育や適切なフォローアップが必要であるといえます。 しかしながら、急速に進展する情報化社会に適応するセキュリティ教育を実施するためには、教員の負担が大きく実現にいたらないことが現実としてあります。

そこで、学校における情報モラル教育の更なる充実のため、静岡大学とカスペルスキーの共同研究により、 20分程度で実施が可能な、子どもがインターネット上で情報モラルを学び、クラス内における要注意児童・生徒の把握することのできるサービスを作成しました。

診断の内容

診断の内容

サイト内に用意されたマニュアルに従って、生徒に診断させます。
4ジャンル(使用状況・モラル/時事問題・セキュリティ・法)に分けて用意された問題にそれぞれ回答していき、合計点が80点以上であれば合格となります。

診断結果の印刷やクラス・学校の診断結果を全国対比で確認することができるため、児童・生徒へのフィードバックも容易です。

ページトップに戻る