ホーム > 診断サービスとは

診断サービスとは

新学習指導要領でのICT活用のために!

情報モラル診断サービスは無料で気軽に受けられるWeb診断サービスです。

本診断サービスは、内閣府が実施する「青少年のインターネット利用環境実態調査」、そして文部科学省等が示す「情報モラルで身につけるべき5つの柱」 (情報社会の倫理、法の理解と遵守、安全への知恵、情報セキュリティ、公共的なネットワーク社会の構築)に沿った内容になっています。学級経営や情報モラル教育を行う最初 のステップとして、また、情報モラルの力がついかたどうかを判断する一つの基準としてご利用下さい。

静岡大学 教育学部 学校教育講座 准教授 塩田真吾

インターネット利用時間、スマホの所持率、フィルタリング、ネットトラブル

問題は 「使用状況」「モラル」「セキュリティ」「法」 の4ジャンルから25問が出題されます。合格点は80点で、診断終了後には 解答一覧と解説が表示れます。診断結果は 全国対比グラフや分布図 で出力することができるので、先生がクラスの傾向や、注意すべき児童や生徒を把握することができます。
また、児童や生徒自身がネットの使用状況を振り返って意識や知識を高めたり 、友人同士で話し合ったりするためのデータとしても利用できます。

例題

使用状況あなたはスマートフォンや携帯電話を利用していますか?

  1. スマートフォンを利用している
  2. 携帯電話(ガラケー、PHSなど)を利用している
  3. 利用していない

モラル友達からすぐに返信がない場合は?

  1. 「早く返信して!」と何度もメッセージを送る
  2. 翌日に「なんですぐに返信しないの?」と文句を言う
  3. 相手が忙しいかもしれないと考え、返事を待つ

セキュリティ「パスワード」を設定するときは?

  1. すぐに思い出せるように、誕生日など簡単なものがよい
  2. わすれた時のために、友達にはパスワードを教えておくとよい
  3. 同じものを使い続けない方がよい

サイトを見ていて、突然、料金の請求画面が表示されたら?

  1. 問い合わせのメールを送る
  2. 無視をして、保護者に相談する
  3. お金をはらう

集計結果例

全国対比グラフ、診断結果分布図、得点分布図

ページトップに戻る